読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それにしても心というやつはなんという不思議なやつなのだろう。

今日、3月24日は梶井基次郎の命日である。私がこの人物を知って以来、2度目の檸檬忌となる。ここで、少し思い出話をしようと思う。 梶井の代表作である『檸檬』と出会ったのは昨年の1月中旬、現代文の授業でのことだった。その頃の私は部活動に関することで…